目次
/ UPDATE :
/ Author: sasigume

Mobやアイテムを好きな場所へテレポート!「エンドゲートウェイ」の使い方とコマンドを解説

Mobやアイテムを好きな場所へテレポート!「エンドゲートウェイ」の使い方とコマンドを解説のアイキャッチ画像

バージョン1.9の隠された新ブロック、「エンドゲートウェイ」。エンダードラゴンを倒すと出現する怪しげなポータルの中身のブロックです。いつもはジ・エンド内をテレポートする時に触れる"物体"ですが、コマンドを使えば便利なブロックに早変わり。例えばオリジナルの"ワープポイント(ポータル)"を作ったり、アイテムを遠く離れた場所へ輸送したりできるんです。今回はそれらの機能を使うためのコマンドを解説します。

バージョン1.9の、コマンドや配布ワールド作成に関する新機能/変更点まとめ
1.9のコマンド関連まとめ
https://sasigu.me/wp/pcversion19-command-guide/

▲バージョン1.9はコマンドに関する新要素/仕様変更が盛り沢山。

エンドゲートウェイブロックの入手方法/設置方法

これがエンドゲートウェイだ

PC版バージョン1.9では、エンダードラゴンを倒すと「エンドゲートウェイポータル」と呼ばれる物体が出現するようになりました。岩盤で挟まれた中には、怪しげな雰囲気を放つ謎の黒いブロックが配置されていますね。あのブロック、ゲットしてみたくないですか?

setblockコマンドで設置

ということで、コマンドを使ってエンドゲートウェイを我が物にしましょう。以下のコマンドを実行します。

エンドゲートウェイのブロックを頭上に設置するコマンド
/setblock ~ ~3 ~ minecraft:end_gateway
※giveコマンドでアイテムとして入手することはできないので、最初からブロックとして設置します。
設置直後は紫色のビームが出る

エンドゲートウェイブロックは、設置すると10秒間紫色のビームを出します。これを非表示にしたい場合は/setblock ~ ~3 ~ minecraft:end_gateway 0 replace {Age:200}とします。

触れると黄色いビームが出るだけ

しかしこのままでは、「触れると黄色いビームが出る」だけのハリボテです。怪しげな雰囲気を醸し出したい時の"飾り"にしかなりません。こいつを「テレポート装置」として機能させるにはどうすればいいのでしょうか。

 

プレイヤー/Mob等のテレポート先を設定してオリジナルポータルを作ろう

コマンドブロックでブロックを設置しよう

それでは、コマンドの力で「テレポート機能を持ったエンドゲートウェイブロック」を設置します。ゲートウェイブロックを設置したい場所の1ブロック下にコマンドブロックを設置して、以下のコマンドを入力して実行しましょう。

テレポート先の座標を設定したエンドゲートウェイブロックを設置するコマンド
/setblock ~ ~1 ~ minecraft:end_gateway 0 replace {ExactTeleport:1,ExitPortal:{X:X座標,Y:Y座標,Z:Z座標}}
※「0 replace」が抜けると設置できないのでご注意下さい。

「ExitPortal」タグでテレポート先を指定します。例えばx=-114,y=51,z=4の座標へワープする場合/setblock ~ ~1 ~ minecraft:end_gateway 0 replace {ExactTeleport:1,ExitPortal:{X:-114,Y:51,Z:4}}
と書きます。

Mobもテレポートできます

エンドゲートウェイブロックを設置する際、なんとプレイヤーだけでなく、村人やゾンビ、アイテムやトロッコなどあらゆるエンティティを瞬時にワープさせることができるんです!


オリジナルのポータル(ゲート)を作ろう

エンドゲートウェイブロックを固めて設置すれば、オリジナルの大きなポータルを作れます。

テレポート先の座標を設定したエンドゲートウェイブロックを設置するコマンド
/fill ~ ~1 ~ ~1 ~3 ~ minecraft:end_gateway 0 keep {ExactTeleport:1,ExitPortal:{X:X座標,Y:Y座標,Z:Z座標}}
※「keep」モードなので、既に設置されているブロックは保持されます。


ExactTeleport:1を書かない場合の挙動

setblockコマンド内の「ExactTeleport:1」は、「指定した座標ピッタリにテレポートする」という意味です。もし書かなかった場合は、上図のように周囲の11x11ブロックの範囲内の北西からブロックの有無が検証され、ブロックが見つかり次第そこへテレポートします。つまり、ExactTeleportを書き忘れると指定した座標より大抵は北西にズレた場所にワープしてしまうのです。

もし、テレポート時に理想の場所とズレてしまう場合は/blockdata ~ ~-1 ~ {ExactTeleport:1}をゲートウェイブロックの上に立って実行してください。

 

バニラでテレポートパイプ! アイテムを読み込み範囲外に転送できる


アイテムの輸送もできます

この「エンドゲートウェイブロック」はあらゆるエンティティをテレポート出来るのですが、その中には当然"アイテム"も含まれています。ということは、バニラでも工業化MODの「テレポートパイプ」が作れてしまうわけですよ。コマンドが必要ですが。

読み込み範囲外へアイテムをテレポートできる

このエンドゲートウェイポータルの何が便利かって、チャンクの読み込み範囲外でも瞬時にテレポートできるんです。ベテランのクラフターの方ならお気づきですね、この特徴が何を示しているかというと...

 

エンドゲートウェイは一時的なチャンクローダーになる

何かがテレポートすると一時的にチャンクを読み込む

...そう、エンドゲートウェイはチャンクローダーになるんです。エンティティ(プレイヤーやMobやアイテムなど)がゲートウェイを通ってテレポートすると、テレポート先のチャンクが数秒間読み込まれます。何度もテレポートを繰り返せば立派なチャンクローダーとして使えるわけです。

エンドゲートウェイを使ったチャンクローダーについては、Dragnoz先生が詳しく実証/解説されています。動画ではゲートウェイの上にアイテムを召喚してテレポさせることで、遠くのチャンクを読み込んでいました。

ちなみに、2つのゲートウェイでアイテムを無限テレポートさせたら無限にチャンクローダーが作動してくれるのでは? と思い付いて作ってみたのですがうまくいきませんでした... テレポートを繰り返すうちに読み込みが中断されてしまいます。今のところ、定期的に何かエンティティをテレポートさせて読み込ませ、テレポート先でkillする、ぐらいしか方法はないようです...

 


 

エンドゲートウェイの使い方まとめ/あとがき

エンドゲートウェイブロックのコマンドまとめ
  • エンドゲートウェイブロックはアイテムとして入手できない。
  • 設置するには/setblock x y z minecraft:end_gateway
  • テレポート先の座標を設定するには{ExitPortal{X:X座標,Y:Y座標,Z:Z座標}}
  • 設定した座標に正確にテレポートするなら{ExactTeleport:1}
  • チャンクの読み込み範囲外でもテレポート可能!
  • テレポートすると黄色いビームが出て、テレポ先のチャンクが数秒間読み込まれる

参考にさせていただいたページ:
End Gateway (block) - Minecraft WIki


最後までお読み頂きありがとうございました

最後までお読み頂きありがとうございました。テレポート先を自由に設定できるだなんて、エンドゲートウェイブロックってなんて素敵なブロックなんでしょう。バージョン1.9からの配布ワールド作成やサーバー作りに、きっと役立つはずです。

記事が役に立ったら、
シェアしてね!
Tweet

こちらの記事も読まれています

Mobやアイテムを好きな場所へテレポート!「エンドゲートウェイ」の使い方とコマンドを解説”には9件のコメントが付いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事の内容・画像・動画その他ファイルを引用・転載する際や、アンテナサイトに掲載する場合は該当ページへのリンクをお願いします。当サイトで紹介する著作物はそれぞれの権利者に帰属します。当サイトはMojang ABおよびMicrosoft社とは無関係であり、記事を利用したことによる如何なる損害も管理人は責任を負いません。