目次
/ UPDATE :
/ Author: sasigume

「SEUS」をIntel HD Graphicsで動かす方法。憧れのシェーダーパックをノートPCで! [影MOD]

「SEUS」をIntel HD Graphicsで動かす方法。憧れのシェーダーパックをノートPCで! [影MOD]のアイキャッチ画像
SEUSをIntelHDGraphicsで

影MODを動かすのに必要な「シェーダーパック」の中で、一番人気なのは「Sonic Ether's Unbelievable Shaders」、通称SEUS。太陽光の表現などがとても綺麗です。でも、ノートPCのIntel HD Graphicsが古かった場合、そのままでは動きません... そこで、今回はオンボード(グラボ無し)でSEUSを無理やり動かす方法を解説します。

今回導入する「SEUS」ってどんなシェーダーパック?

ようこそSEUSの世界へ

みなさんこんばんは、綺麗なです。いや、綺麗なのは後ろの森でしょ。ということで、綺麗を追求した大人気、ド定番のシェーダーパック「SEUS」で遊んでみましょう。それではスクショを何枚かどうぞ。

森の中の池
夜のサバンナ
水辺の朝

いやぁ、綺麗ですねぇ。SEUS特有の太陽の光と水面の反射がたまりません。こんなに綺麗なんじゃ、お使いのPCで動くかどうか不安な方も多いことでしょう。でも大丈夫。このスクショはIntel HD Graphics 4000、つまりグラフィックボード無しのノーパソで撮影しました。30fps前後で快適に動くんです! ...とある方法を使えばね。


ドライバーを更新するだけでちゃんと動く場合もあります

正常に動かないならドライバーを更新

影MODの動作を左右するのは、グラフィックボード、それが無ければIntel HD Graphicsなどのグラフィック機能です。そしてそれを司るのが"ドライバー"。ドライバーのソフトをアップデートするだけでSEUSが完璧に動く場合もあります。(更新しても動かないならドライバーの更新に加えてSEUSの改造が必要)

Intel HD Graphicsのドライバーのダウンロードページ
http://downloadcenter.intel.com/ja/
▲検索欄でCPU名から検索したり、OSから絞り込んだりできます。

必ずお使いのPCに搭載されているHD Graphicsの数字を確認しましょう。「4000~6200」だとか、最近だと「520」だとか三桁になっています。OSの種類も注意しましょう。


前提となる影MODを導入しよう。1.8/1.8.8のOptifineは影を同梱!

前提となる影MODを導入しよう

シェーダーパック「SEUS」を入れるためには、影MOD(ShadersMod)が必要です。しかし、マイクラのバージョン1.8/1.8.8用の最新版Optifineには、直接シェーダーパックを入れられるんです。

  • 他のMODと一緒に使いたい場合: 「Optifine」と「ShadersMod」をForgeに入れる
  • 1.8/1.8.8でOptifineと影だけ使いたい場合: Optifineの最新版をインストールする

ForgeのMODと一緒に使いたいならShadersModをダウンロード

バージョン1.8のForgeを導入していて(導入方法はこちら)、既存のMODと一緒に影MODを使いたい場合は、ShadersModの1.8版をForgeに導入する必要があります。

ShadersModの1.8版をダウンロード
ShadersModをダウンロード
http://shadersmod.net/version-1-8/
OotpfineとShadersModをmodsに入れる

「ShadersMod」を、ランチャーでGamde Directoryに設定したフォルダのmodsに入れましょう。「そんな設定した覚えは無いぞ!」って方はこちらの記事を参考にForgeを導入しなおして下さい。


1.8 / 1.8.8以降の最新の環境で影だけ使いたいならOptifineをインストール

Optifine最新版は影MODと合体したんです

バージョン1.8/1.8.8/1.8.9の最新のOptifineなら、なんとOptifineだけでシェーダーパックを読み込めるようになりました! つまりForgeが無くても影を存分に楽しめるんです。

Forge/ShadersMod不要の影MOD導入方法の解説記事
Forge/ShadersMod不要の影MOD導入方法の解説記事
optifine-integrated-shadersmod/

▲ForgeやShadersMod不要の影MOD導入方法(v1.8~)は上記記事で解説しております。限りなくバニラに近い環境で、安定した 影MODでのプレイを楽しみたい方は是非こちらの方法をお使い下さい!


FastRenderをOFFに

Optifineを導入している場合、「ビデオ設定」→「Performance...」→「Fast Render」と、「Quality...」→「Anisotropic Filtering(異方性フィルタリング)」「Antialiasing(アンチエイリアス)」をOFFにしないとシェーダーパックを使えません。


「SEUS」のバージョン10.1 Standard版をダウンロード

それでは、信じられないほど美麗な「SEUS v10.1」のうち「Standard」をダウンロードします。他のシェーダーパックと違って、ダウンロード方法がちょっとややこしいんです...
http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1280299-sonic-ethers-unbelievable-shaders-v10-1
▲まずこちらの公式フォーラムにアクセスしましょう。

SEUSの公式フォーラムのページ

▲下の方に「SEUS v10.1 Standard」のダウンロードリンクがあります。クリックしてAdf.lyへ。

利用規約を読んでからダウンロード

▲Adf.lyからこんなページに飛びます。利用規約を読んでチェックしてからDOWNLOADを押しましょう。 ...私の環境では、何故かChromeでエラーが返されます。Firefoxなら正常にダウンロードできました。

shaderpacksフォルダにzipを入れる

ダウンロードしたSEUS v10.1 Standardのzipを、ランチャーでGame Directoryに設定したフォルダの「shaderpacks」フォルダに入れて下さい。さあ、存分に影を楽しみま...

そのままSEUSを導入したらこうなる

ファッ!? PCにグラボを積んでいる方は関係ない話ですが、ノートPCなどの「Intel HD Graphics」の古いモデルではSEUSが正常に動かないんです。「やっぱりノーパソでSEUSは厳しいでしょ!」 ...いいえ、解決策があります。

※Intel HD Graphics 4200以上をお使いの方は、ドライバーを更新済みならこの時点で正しく動いていると思います。もしドライバーを更新したのに動かない方は、次のステップに進んで下さい。


正常に動かない方はSEUSの中身を改造すれば動きます

▲古いIntel HD GraphicsでなんとかSEUSを動かす方法を探していた所、こちらの動画を見つけました。とても分かりやすく解決方法が解説されています。lybxlpsvさん、役立つ動画をありがとうございます!

SEUSのzipを展開

まず、先ほどshaderpacksに置いたSEUSのzipを展開してしまいましょう。

shadersフォルダを開きます

すると「SEUS-v10.1-Standard」という名前のフォルダが出てくるので、中の「shaders」を開きます。

これらのファイルを削除します

中には大量の重要そうなファイルが入っています。勇気を出して以下の4つを削除しましょう!

  • gbuffers_entities.fsh
  • gbuffers_entities.vsh
  • gbuffers_terrain.fsh
  • gbuffers_terrain.vsh

削除できたら、フォルダはそのままにしておいてください。圧縮する必要はありません。


zipが付いていない方を選択する

ShadersModの場合は「設定」→「Shaders...」、Optifine単体の場合は「ビデオ設定」→「Shaders」からシェーダーパックを選択します。今回は展開して中身を弄ったので「.zip」が付いていない方を選びます

処理優先でも木を綺麗にするテクニック

SEUSを改造してしまったので草木は揺れませんが、最低限木漏れ日は楽しみたいですよね。「処理優先」でも木を綺麗にするには、「ビデオ設定」→「Details...」→「Trees:」を「Fancy」にします。

ブロックやMobの影には不具合があります

先ほど一部のファイルを削除したので、当然どこか不完全な箇所があります。エンティティの影やブロックの影がおかしいのは妥協して下さい... 美しい太陽の光が拝めるだけで満足ですよね。

 

記事が役に立ったら、
シェアしてね!
Tweet

こちらの記事も読まれています

「SEUS」をIntel HD Graphicsで動かす方法。憧れのシェーダーパックをノートPCで! [影MOD]”には15件のコメントが付いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事の内容・画像・動画その他ファイルを引用・転載する際や、アンテナサイトに掲載する場合は該当ページへのリンクをお願いします。当サイトで紹介する著作物はそれぞれの権利者に帰属します。当サイトはMojang ABおよびMicrosoft社とは無関係であり、記事を利用したことによる如何なる損害も管理人は責任を負いません。